琉球大学◎屋内小型クレーンの設置。かわいいミニクレーン、1台いかがですか?

沖縄県 琉球大学

沖縄県西原町に位置する琉球大学です。
今回は琉球大学工学部の研究所にミニクレーンを設置いたしました。

敷地が広すぎて工学部にたどりつく前に迷子になってしまったのは内緒です。

クレーン設置前の現場確認

クレーン設置前の研究所内

こちらが工学部の研究所内になります。
この天井部分に小型ホイストクレーンを設置します。

研究所の床 ここにタンクが入る

上の写真の床部分がこのようになっていて、穴があいていて落ちないように養生が施されています。ここには研究で使う液体ボンベが収容される予定で、クレーンを使ってそれを出し入れするわけですね。

クレーンの位置を決めます

レベルで高さを確認

レベルを計って高さを取ります。

クレーンの支えとなるアンカー用の穴あけ

高さが決まりアンカー用の穴をあけます。

クレーンを取付け施工

クレーン支え用のアンカーを打ち込んだ

アンカーを打ち込みました。
下のアンカーがちょっと下向きですが、軽くハンマーで叩いて問題なく調整できます。

クレーン用のがセットをはめ込む

先程打ったアンカーにガセットをはめ込みます。

ガセットにH鋼のレーンを設置

ガセットにH鋼のレールを乗せて、、

琉球大学ホイストクレーン設置

レールにIビームを乗せて、チェーンをはめ込んでミニクレーンの完成です。

完成後のまとめ

ご覧頂きありがとうございます(^_^)

こちらに掲載させて頂いた小型クレーンは、琉球大学工学部の研究所内に設置させていただきました。

レール走行幅は約3m、横行約4mとだいぶ小型となっていますが、耐荷重2トンぐらいはなんなく持てます。研究で扱うタンクの昇降に使用するそうです。

㈱大名では、このような小型のクレーンの製作も承っております。

工場内やガレージにひとつあると結構使えます。
ご要望の方は大名にぜひお任せください。

お見積りも無料で行っておりますのでお気軽にお問合わせくださいませ。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加